うなぎ坂東太郎は当社が開発した究極の養殖鰻ブランドです。
日本一とも言われる利根川の天然鰻に限りなく近づけた味わいで、多くの皆様に愛されている商品です。


薬物や科学物質などを排除した環境整備と温度管理を行い、自然環境にできるだけ近い状態に整えています。個体数を限定して育てることでウナギにストレスを与えない環境作りにも工夫しています。健康状態、身の太さなどから判断し合格したものだけが「うなぎ坂東太郎」ブランドの称号を与えられます。


「うなぎ坂東太郎」として育てるウナギはホワイトミール(白身魚)に生アジのすり身をブレンドしたオリジナルの餌を与えています。そうすることで、癖のないすっきりとした脂の乗った旨味のあるウナギに成長します。
※一般的な養殖ウナギの餌はブラウンミール(青身魚)



「うなぎ坂東太郎」の身は天然ウナギに近い霜降り肉です。ほどよい脂が口の中でさらりと溶け、あっさりとしたまろやかなうま味が特徴です。なぜ、「うなぎ坂東太郎」が美味しいと言われているのか?それは、うま味成分として知られるアミノ酸の一種である『アスパラギン酸』や『グルタミン酸』が天然ウナギの2倍近く含まれいるからです。